読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

[ ]

【恋愛】彼女は隣の駅?

★彼女に会いに行く?

No.22:   水滴
2008年 02月 27日

f:id:miru0303:20160419015352p:plain

黄色くて
眩しくて
終わらない街に


近くて
一駅で
着く場所に住んでる


時間を
尋ねた
一つのマンションに


オバケが居たから
何も考えずに
そのままこう


大人を知り
理性を保ち
ずぶ濡れになったままで
ポシャン

大人を捨て
理性も捨て
グチャグチャのまま
ポシャン


水滴が
部屋の空
窓を舐め
霞んでる

僕の僕が 君の君に入ってく

一晩中
自覚の無い
身体のワイン
をこう味わいながら

溺れていたんだ
溺れていたんだ

 


君が裸になればなるほど
嫌いになってくる

君が優しくなればなるほど
鬱陶しくなってくる

 

水滴が
首筋を
伝い
うかれていく

僕の君が君の僕に混じっている

一晩中
一晩中
何かを 黙ってこう見つめながら

溺れてみたい

溺れていたい

溺れて 辞退 したいんだ

 


黄色くて

眩しくて

 

# by yoohei_champagne | 2008-02-27 23:23 | Trackback | Comments(6)

 

@しゃんぺな日々3より